ごばいし

1月のいちばん寒いころの早朝、

「つくるひとつかうひと」の「つくるひと」宮沢美ち子さんの取材で、朝の散歩に同行しました。

ちょうど取材したころは真冬で、そんなにひろいものもない時季だったのですが、

「ここらへんにいつも落ちてるの、ほらほら見て!」と、

宮沢さんが拾って見せてくれたのは「五倍子(ごばいし)」。

初めて聞いた名前だったのですが、木の実か何かなのかと思えば、

これは「ヌルデ」の木に木の葉の付け根にできる虫こぶということ。

虫こぶというのもこれまた初めて知ったのですが、ヌルデシロアブラムシが寄生して、

その刺激によって葉上に生成されたこぶ状のふくらみなのだとか。

そしてこの中にタンニンが含まれているので、その成分で布が染まるのだそうです。

いつもだったら何気なく通り過ぎてしまう道、景色。

宮沢さんの話を聞きながらだと、使えるもの大事なものがたくさんあるように見えてきました。

染めの材料としてだけでなく、

織物にしたり、食べたり、飾ったり、いろんな形で植物と仲良くしている宮沢さん。

買わなくたって材料は身の回りにたくさんある。植物って面白い。

そんなことを改めて気づかされた日でした。

(編集部 池田)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now